福井県坂井市で安心、安全、誠実な歯科医療を提供する田中歯科医院
投稿
  • HOME »
  • インプラント

インプラント

インプラント治療

~天然歯に最も近い人工歯~

インプラント

可能な限り患者さん自身の歯を残すことを第一に考えています。

しかし、残念ながら末期の虫歯や歯周病では、歯を残せないこともあります。 歯を失った場合、従来からブリッジや入れ歯での治療が行われてきました。

これらは治療法としての歴史も長く、信頼できる方法ですが、隣の歯を削らないければならない、隣の歯に大きな負担がかかる、発音がおかしい、入れ歯のがたつきが気になる、硬いものが噛みにくいなどの欠点もあります。

このように歯を失ってお悩みの方にお勧めの方法がインプラント治療です。

インプラント治療とは、歯を失った顎の骨に、人工の歯根(インプラント)を埋め込んで、新しい土台をつくり、その上に人工の歯をつけるという新しい歯科治療方法です。インプラントには、骨との親和性が非常によく、人工関節などにも用いられる金属のチタンが使われています。

インプラントは失った歯に代わって、ストレスなく、ご自分の歯のように自然に噛む事が出来る治療法です。

~従来の治療法とインプラント治療の比較~

歯が一本抜けた場合 

歯が一本抜けた場合

ブリッジの支台にするために、両隣の健康な歯を削らなければなりません。

歯の抜けたところにインプラントを埋めこみ、人工の歯を被せるので、健康な歯を削り、犠牲にすることがありません。

奥歯が数本抜けた場合

奥歯が数本抜けた場合

入れ歯を固定する金具などに異物感を感じたり、支えている歯に大きな負担がかかります。

入れ歯を固定する金具がないので異物感が無く、またほかの歯にも負担をかけません。

歯がすべて抜けた場合

歯がすべて抜けた場合

口の中で入れ歯が動いてしまい、「噛みづらい」、「話しづらい」などの不便さを感じることが多くあります。

インプラントにより入れ歯をしっかりと固定できるので、入れ歯を気にすることなく食事や会話を楽しむことが出来ます。

治療のステップ

~インプラント治療の流れ~

STEP1 カウンセリング

カウンセリング

治療に関する希望や質問をお聞きしたうえで、インプラント治療に関して説明します。
いままでの当院での治療例、写真や模型などで、できるだけわかりやすくお話しし、インプラント治療の概略をご理解いただけるよう説明します。

STEP2 精密検査

精密検査

CTサンプルレントゲン検査や歯型の模型作成、歯周病検査などの通常の検査に加え、断層撮影やCTなどによる十分な診査・診断が必要です。

高血圧症など全身疾患を有する方の場合、主治医の先生との対診により現在の状態をしっかり把握し、インプラント治療が行えるか評価します。また今まで特に大きな病気をされていない方の場合も、血液検査などでのスクリーニングを行います。

STEP3 診断・治療計画の立案

診断・治療計画の立案

STEP3 診断・治療計画の立案

精密検査に基づき、以下についてお話しし、インプラント治療を行った場合の治療計画を立てます。

◆インプラントが出来る状態かどうか
◆骨移植や骨造成(骨を作る手術)などの付随手術が必要か
◆インプラントの本数、被せものの種類などの設計
◆事前に治すべき虫歯や歯周病について

以上をふまえて、インプラント治療の計画を行います。

STEP4 インプラントの植立

インプラントの植立

インプラント治療に関して十分納得し、同意していただいてから手術を行います。

手術には口腔外科専門医で日本顎顔面インプラント学会所属の歯科医師が参加し、安全で精度の高い治療を行います。

手術中の疼痛管理・全身管理は歯科麻酔専門医が静脈内鎮静法を行い、痛くない・怖くない手術になるようバックアップします。

インプラントを埋入するのに十分な骨が無い場合、骨を移植したり、 骨を作る手術を同時に行う場合があります(骨移植・骨造成)。

STEP5 人工歯の取り付け

人工歯の取り付け

インプラントが骨と十分に結合してから(通常手術から2-6か月後)、土台をつけて型をとり、被せものを装着します。
被せものには、セラミックやハイブリッドセラミック、金属など数種類あり、そのなかから選択します。

STEP6 定期検診・メンテナンス

定期検診・メンテナンス

定期検診・メンテナンス

インプラント治療後は、正しいホームケアを行うとともに、定期検診と歯科衛生士による清掃(プロフェッショナルケア)が不可欠です。

通常、治療終了直後は1か月後に、その後異常がなければ3~6か月毎に行います。他のご自身の歯も、むし歯や歯周病予防のために同時にクリーニング・メンテナンスしていきます。

インプラントQ&A

Q.インプラント治療は、どんな治療方法ですか?

A.インプラントを埋入し、その上に人工の歯をかぶせることで、機能や審美の回復を行います。
インプラント(Implant=植えつける)は、人工歯根ともいわれ、歯を失ったところに歯の根に相当する人工物を埋入し、人口の歯を被せる治療法です。手術によって埋め込まれたインプラントは、骨となじんで固定され、健康な歯のようにしっかり噛むことが出来ます。

インプラントの構造

Q.インプラントの素材は何ですか?

A.インプラントは体のなかで非常に安定するチタンでできており、骨とのなじみをさらに良くするために表面処理が施されています。チタンは人工関節など、さまざまな医療分野で使用され、生体親和性の高い材料として世界で認められています。

Q.インプラントの寿命はどのくらいですか?

A.過去の統計からは、下顎で5年以上機能しているインプラントは97%、10年以上では90%、上顎ではこれより少し下まわります。しかし、上顎か下顎か、骨の量や骨移植・骨造成の有無、かみ合わせの状態などでインプラントを取り巻く環境が変わるため、一概には言えません。また、糖尿病などの生活習慣病や喫煙、歯周病などもインプラントの寿命に大きく関わってきます。

インプラントは虫歯にはなりませんが、骨に支えられている点では天然の歯と同じであり、骨が吸収していく病気である歯周病に罹患している方の場合、インプラントを長持ちさせるためには歯周病の安定化が不可欠です。そのためには患者さん自身の口腔衛生管理が非常に重要です。また、歯科医院で定期健診をうけ、インプラント周囲の粘膜の炎症の有無、かみ合わせのチェックなどを受けることも必要です。インプラントを入れたから大丈夫と安心するのではなく、患者さん自身が生涯保たせようとする努力が大切なのです。

Q.治療費はどの程度かかりますか?

A.インプラント治療は自由診療となっており、健康保険が適用されません。実際の治療費はインプラント治療の種類や本数、かぶせる人工の歯の材料などによって異なりますので、詳しくは歯科医師とよくご相談され、十分納得された上で治療をお受けになってください。

インプラント治療に関わる費用は高額ですが、失った歯の代わりとして、インプラントをご自身の第2の歯として機能させることが出来れば、食生活や社会生活の質、そして健康面から考えると、金品に換えられない価値があると思います。

私たちは1日3回(あるいはそれ以上)食事を摂ります。1か月では90回、1年で1000回以上、10年で1万回以上の食事をすることになります。1本のインプラント治療が30万円とすると、10年間機能すれば1回の食事あたり30円の負担となります。この30円という金額は、あなたにとって高いでしょうか?安いでしょうか?

Q.インプラント手術で失敗することはありますか?

A.通常のレントゲン検査に加え、CT検査など十分な術前検査をすませ、万全を期して治療にのぞみますのでご安心ください。インプラントの埋入手術は顎の骨の中にインプラントをしっかり植え込む作業で、これを予定通り行うことができれば99%成功と言ってよいと思います。しかし、予測できない原因で、インプラントと骨が結合せず、インプラントが動揺したり、痛みが出る可能性も皆無ではなく、この場合は手術の目的が達成されていないと判断し、すみやかに再手術を検討します。

Q.インプラント治療は誰でも受けられますか?

A.年齢の上限はありませんが、骨の成長がほぼ終了する16歳ぐらいからの治療となります。ただし、顎の骨の状態によっては治療ができない場合があります。また、歯周病の場合は、残っている歯の治療を行ってからインプラントをすることになります。

高血圧、心疾患、糖尿病、脳血管障害、肝機能障害、腎機能障害などの生活習慣病がある場合、これらの疾患が安定してからインプラント治療を受けてください。
骨粗しょう症でビスフォスフォネート製剤の投与を受けている方の場合、骨の治癒に影響があるため、休薬するなどの配慮が必要です。

なお、喫煙者は非喫煙者にくらべ、生活習慣病のリスクが明らかに高く、また統計的にインプラント手術後および治療後の経過(予後)に悪影響があるといわれています。

インプラント治療のできる年齢

Q.手術は大変ですか?不安です。

A.インプラントの手術は、局所麻酔を十分に行ったうえで安全に施行されます。腫れや痛みも鎮痛剤を服用することでコントロールできます。多くの患者さんは、抜歯したときより痛くないと言われます。

ただし、インプラントの埋入本数が多い場合や骨移植・骨造成をなどを行なう場合は、手術時間も長くなり、手術侵襲、術後の腫れや痛みも、強くなる傾向があります。

このため、当院では静脈麻酔・静脈内鎮静法を行いストレスの緩和を図り、術中からステロイドの点滴により腫脹を軽減する処置を併用します。

インプラント治療例

前歯を1本失った場合

前歯を1本失った場合

奥歯を2本失った場合

奥歯を2本失った場合

両側の奥歯4本を失った場合

両側の奥歯4本を失った場合

PAGETOP
Copyright © 福井県坂井市三国町の田中歯科医院 All Rights Reserved.